FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ

遠敷明神

 良弁


 
 石山寺縁起に出てきた良弁ですが、東大寺建立に尽力した僧侶として名高いようです。 福井県小浜市に「鵜の瀬」というところがあります。 実は、この良弁という大和尚、この「鵜の瀬」にある、小浜市下根来(しもねごり)が出身であるといいます。 下根来にある鵜の瀬といえば、東大寺の二月堂の「お水取り」は、この「鵜の瀬」から、「お水送り」をし、東大寺二月堂の「若狭井」という井戸まで秘密の地下水脈を通って、流れ着くとのいわれがあるのだそうです。 その、若返りの、霊泉と呼ばれる、「鵜の瀬」の霊水を、二月堂の本尊「十一面観音」に備える霊水として、お水取りがなされています。

 
 この「鵜の瀬」から東大寺二月堂へとお水が送られるという伝説があるわけですが、 遠敷川の清流が巨巌に突き当たり淵をなすところに「鵜の瀬」なる場所があり、「鵜の瀬大神」を祭っています。この巨岩の上に若狭彦の神(彦火火出見尊(ひこほほでみ))と若狭姫の神(豊玉姫命)(山幸彦の妃)  【一の宮夫婦神 】 が降臨されたといわれています。 この遠敷川のほとりにある、鵜のお堂がありました。この白石大神とは、若狭彦、若狭姫の神のことなのだそうです。この二神を、白石明神、または遠敷明神(おにゅうみょうじん)と呼んでいるそうです。

 
 それで、その遠敷明神(若狭彦、若狭姫の神)なんですが、なんと、その昔、実忠和尚(良弁の高弟)が十一面悔過法要中に、全国の神の名前を唱えて勧請した時に、遠敷明神の神だけが、遠敷川で釣りしていて遅れてしまったんだそうです。 「十一面悔過(けか)」の法会(ほうえ)とは、「お水取り(修二会)」の正しい名称なのだそうですが、それで、その法会に遅れてしまった遠敷明神は、そのお詫びに、毎年、東大寺修二会、すなわち「お水取り」の際に、必ず遠敷川からお水を送るという約束をしたといういわれがあるのだそうです。

 
 遠敷明神の神だけが、遠敷川で釣りしていて遅れてしまい、釣りといえば前述の『石山寺縁起』でも、確か石の上で釣りをしていた老翁がいました。 比良明神です。必ず釣りをし、どこからともなく表れ、どこからともなく消えていく老翁、 比良明神とは白髭明神のことであります。 白髭明神とはその名が示すように、新羅に関係のあるらしく、白石神社といい、新羅と関係の深い、新羅由来の神であったのかもしれません。

   
 遠敷(おにゅう)という難しい読み方ですが、おにゅうの"にゅう"には「丹生」"にゅう"という文字があり、「丹生」とは水銀のこと、「丹」、つまり朱(しゅ)は絵画などにも用いられますが、「金」を抽出するのに必要な物質として扱われます。 東大寺の大仏作りの塗金の際には、この丹生である、水銀もたくさん採掘され利用されています。 また、「赤井や赤田川のアカは赤色ではなくて、仏に供える水の閼伽(あか)を意味しており、ラテン語の「アクァ」はサンスクリット語のargya, arghaに由来しているそうです。この源流から東は日本まで流れて閼伽となった」のだそうで、 ちなみに、ラテン語の「aqua」は(aquarium, aqualungなど)、サンスクリット語のargya, arghaと語源的に無縁ではないそうです。「閼伽井あかい屋」とは文字通り「(水)井戸」ので、 祭神の「遠敷明神おにゅうみょうじん」とは、 実はアナヒーター女神の音訳なんだそうです。「北方から正月の水が2本、地下を流れる」という設定は、ペルシャのカナート(地下水路)を表現しており、「お水取り」は女神(観音)にお水を供えることだったからだそうです。

 
 遠敷明神が、新羅と密接な関係があったといいましたが、新羅は、古来より中央アジアとシルクロードの道の経由でもあったそうで、 新羅の古墳からは、ギリシャやローマに見られる、デザインの装身具などが出土しているそうです。 新羅の国は特別ペルシャと関係が深いのだそうで、鶏をトーテムとしていたといいます。 飛鳥時代は、西域の文物が伝えられ正倉院の宝物であることは周知の事実と思われます。 シルクロードの道の存在は、 古代の日本は、思っているよりもずっと大陸とダイレクトに繋がっていたことをうかがわせます。人や物、さらには信仰までが行き来していたのでしょう。

 
 ミトラは仏教に入り、弥勒へと信仰が受け継がれましたが、 中央アジアから中国へ入る途上において、敦煌莫高屈で有名な北魏時代の「弥勒菩薩像」があります。 そして朝鮮半島を経て日本へは、聖徳太子の頃に仏教の伝来とともに伝播したと一般に伝えられています。 広隆寺の弥勒菩薩半跏像や、中宮寺の弥勒菩薩半跏像(寺伝では如意輪観音だそうです。)にその姿を見ることができます。  ミロクの方角の線上には、「東大寺」や「中宮寺」などがあり、その「東大寺」に春を告げるというお祭「修ニ会(お水取り)」は、松明をかかげ走り回る、火のまつりであり、 その起源はゾロアスターの拝火教にあるといいます。 そして拝火教の起源もやはりミトラ信仰にあるといい、ミトラとは、古代ペルシャにおいて、光と光明と真理の神といわれましたが、ゾロアスター教では、最高神と人間の仲裁者でもあるといわれています。 そして、ミトラと弥勒は、上に見てきたように、中央アジア系の民族によって導入され、伝播された神であったのです。       



※2012/ 10/17加筆修正しました。
スポンサーサイト
ページトップへ

コメント

非公開コメント

ページトップへ
プロフィール
当記事の内容を、許可なく転載することはご遠慮ください。

うるとら☆

Author:うるとら☆
FC2ブログへようこそ!

QRコード
QR
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。